産土神社リサーチOffice Tamanegi

状況を好転させたい時の「産土神社・21日連続参拝」とは

産土神社リサーチをされたお客様から、よく「21日連続参拝をしました。」とご報告をいただきます。
 
 
これは、「ここぞ!」という時や、困った時に行う開運法で、産土神社(もしくは自宅の鎮守神社)に「21日間連続で毎日参拝」するものです。 自分でがんばってもどうにもならない時や、もうどうしたらいいのよー??という時に、オススメです。
 
 
わたし自身、初めて産土神社という存在を知った時( ドン底の時です )、この21日連続参拝に挑戦しました。あの頃は、「こんなに頑張っているのに、真っ当な努力が報われない。なぜうまくいかないんだろう?」と悩みに悩んでいました。 今思えば、とても暗~い時期で、邪気でいっぱいだったのではないかと思います。 力がわいてこず、疲れて寝込むことも多く、お先真っ暗け~でしたから、「21日連続参拝」を知った時、選択肢は「はい、これはやるしかない!」でした。
 
 
結果、どうだったかと言うと、なんと1日目の夜に吉報が舞い込んだのです。 そう、一気にお悩み解決です。 あれには本当におどろきました。どうやら私を産土神社のお仕事へ導くために、わかりやすく結果を見せてくださったようでした。
 
 
現金なわたしは(笑)、一気に産土様ファンになり、のこり20日も通い続けました。今の私なら、感謝のお参りを続けたと思いますが、その時の私は、願望を叶えてもらったというのに、他にもまだまだたくさんある不平不満ばかりを産土様にぶつけていました。なんて失礼なのでしょう。思い出しても恥ずかしいです。でも、そういう時って、あるんですよ~神様。 人間世界も大変なのです。
 
 
そんな困ったちゃんの私を、産土様はやさしく受け入れて「そうかい、そうかい。」と話を聞きながら、たくさんエネルギーを補給してくださっていました。やっぱり元気がない時は、明るい思考はわいてこないんですよね。まずは私を元気にしようとしてくださったのだと思います。
 
 
ずいぶんあとになって知ったのですが、元気の「元」には「神様」という意味があります。「神様の気」で満たされるから「元気」になれるのです。元気がなくなって、やさぐれていた私に、神様はたくさん「いい気」を注入してくださったんですね。
 
 
さて、この開運法ですが、21日連続で参拝するって、なかなか大変なことでした。神社が遠い方はなおさら相当な労力が必要です。 わたしの時は、春の嵐の時期でした。とつぜん暴風雨に見舞われ、強風で自転車が前に進まず、「私は何をやってるんだろう?」と半泣きで通ったこともありました。
 
 
「あれが不満、これが不満、私って可哀想でしょう??」というムードをプンプン醸し出す私でしたが、10日ほど経ってくると、なんだか言うことも無くなってきて、だんだん「無」に近づいていきました。 実は神社では「無」になるのがとてもよくて、そこに産土様(鎮守様)がエネルギーを入れてくださいます。 それを毎日続けていると、自分では上がれなかった段階にスルっと上がれるようになります。
 
 
みなさまにも、劇的に何かが起こるとはお約束できないのですが、気持ちだったり、状況だったり、何かが確実に変わってくると思います。
 
 
変化を起こしたい方は、産土神社(自宅の鎮守神社)での21日連続参拝に挑戦されてみてはいかがでしょうか。
 
 
◆21日連続参拝のコツ
 
 ・早朝がオススメ。 
 夕方以降にお参りするより、断然効果があると思います。夜は避けましょう。
 
 ・一日でも欠けた場合は最初からやり直す。
 お参りしやすい時期を計画しましょう。
 
 ・ここぞという時だけ。
 これはしょっちゅうやるものではありません。ここぞ、という時の参拝法です。
 
 
みなさまも開運されますよう、お祈りしております!
 
 

上に戻る