産土神社リサーチOffice Tamanegi

オルゴール療法との出会い(1)脳から身体の不調を正す

今回は、神社にまったく関係のないお話をします(笑)。
でもそれに匹敵するくらいとっても開運できるお話だと思っています。
 

オルゴールコンサートの様子


 
皆さんは身体のことでお困りではありませんか? 
この2年半、色々なストレスで心も体も疲れていませんか?
周りを見渡してみても、今まで以上に「癒し」の大切さを感じています。
 
 
そんな中、私は昨年から日本オルゴール療法研究所「オルゴール療法」に通い始め、その効果と奥深さにすっかり魅せられ、オルゴールセラピストになりました。
 
 
「オルゴールセラピストって何?」
そんな皆さんの言葉が聞こえてきそうです。
私も最初、そうでしたから。
 
 
当初、「オルゴールの音が気持ちいいんだろうな。」程度に思っていた私は、その後、何度も驚かされる体験をすることになります。
 
 
ただ寝ているだけで癒される、しかも効果が高いオルゴール療法をたくさんの方に知っていただきたいと思い、数回にわたってご紹介させていただくことにしました。 ご興味のある方はお付き合いくださいませ。
 
 

ピタゴラス「病気は『音』で治療できる」

船瀬俊介さんのご著書「世界に広がる『波動医学』」にはこんな一文があります。
 
 
 ピタゴラスは、約2500年前のギリシャの数学者。
「ピタゴラスの定理」は、あまりにも有名だ。
 その哲人がこう確信している。
 
 
 - ”音”は医学である。 
    病気は”音”で治療できる -

 
 
数学者だったピタゴラスは意外にも 
音楽の研究もしていた(Wikipedia)んですね。
 

音程を研究していたピタゴラス


 
 
2500年前からそんな研究がされていたことに驚くとともに、に驚くほどの癒しの力があるのは本当かもしれないと感じたのです。いつも「真理はシンプル」ですから。
 
 

虚弱体質だった子ども時代

私は幼い頃、これといった大きな病名はつかないものの、しょっちゅう病院通いが必要な子どもでした。 父が「20歳まで育てる自信がないと何度も思った。」とよく言っていました。
 
 
朝礼では立ち眩みで倒れたり、自転車で走行中、太陽で目がくらみ意識を失い、顔面から倒れて大けがをしたこともありました。 そんな調子でしたから、顔色はいつも悪く、体力もなく、動いてはすぐ休むという状態でした。 心電図で小さな異常が見つかり、不調の原因が少しわかったものの、あまり激しい運動をしないようにと言われただけで、とくに対処法もわかりませんでした。
 
 
結婚し、フルタイムで働きながら家事をすべてやっていた頃はもっと大変でした。 それまでの人生で一番のハードワークにとても身体がついていかず1年で退職してしまい、家で寝込む日が続きました。 
 
 
その頃、病気で手術をしたのですが、1か月後にまた再発してしまいました。 これには本当に驚いて、先生に原因をお尋ねしました。 ところが「わかりません。悪化するならまた切るしかないですね・・・。」と言われてしまったのです。 今ではその言葉が方向転換のきっかけになったので感謝していますが、その時は西洋医学そのものにガッカリしてしまいました。
 
 
かつて、酔い止めを2日間飲んだだけで倒れてしまったこともあったので、薬が怖くなっていたこともあり、それからは病院任せにせず、自分で原因を調べてみようと「東洋医学」「民間療法」などを素人なりにいろいろと調べるようになりました。 
 
 
その時に感じたのは、西洋医学は「一部分」だけにしか注目しないことが多く、身体全体を見ないで、治すというよりは、症状を抑えこむ薬を多く出しているのではないかということでした。 当時は世の中全体が「休まず働け」という雰囲気で、自分の身体を労わったり、生活習慣を改めることに時間をかけるより、薬でなんとか乗り切るのが主流だったと思います。 
 
 
「身体には自己治癒力があり、悪いものが入ってきたら熱でウイルスを退治する。」ということを知った時に、西洋医学が薬で早々に無理やり解熱させ「治った」ことにしていることにますます疑問を持ちました。 
 
 
私の家族も長年、西洋医学の薬を飲みつづけ、声が枯れて出にくくなった時期があります。 化学的な薬のせいではないかと思い、漢方も使ってくださる病院を探しました。 薬の量自体もずいぶん減らすことができ、声も出るようになりました。 
 
 
私はフルタイムで働くことをあきらめ、気持ちを切り替えて、余った時間は身体や心の勉強、施術を受けることに20年近くつぎ込みました。  ピンときたものは手あたり次第やってみました。 カイロプラクティック、太極拳、漢方、お灸、鍼灸、アロマオイル、ホメオパシー、ヒーリング、気功、ファスティング、見えない世界のことなどなど。 失敗しながらも少しずつ自分に合った様々な改善方法を取り入れ、ずいぶん元気になっていきました。 その頃には、自分の身体を治すことが目的というより、「癒しそのもの」、「悪かったものが良くなっていく」ということにとても興味を持つようになっていきました。
 
 
つづきはこちら

オルゴール療法との出会い(2)え?寝て聞くだけなの!?


 
 

オルゴール療法 まとめ

1)オルゴール療法との出会い(1)脳から身体の不調を正す
2)オルゴール療法との出会い(2)え?寝て聞くだけなの!?
3)オルゴール療法:セラピーベッドの使い方(動画) 
4)「CD」と「生音」の違い~デジタル音に慣れてしまった私たち~
5)オルゴール療法で「血流アップ」~指先の体温が12度以上上がる方も。
6)オルゴール療法(改善症例)
7)オルゴール療法「体験会」のお知らせ
8)オルゴール療法 まとめ
9)オルゴール療法・体験会@東京 レポート
10)医師が解説するオルゴール療法「ひびきが脳を活性化させ病気を改善する」
11)ストリートオルガンの強い「ひびき」で効果が大幅にアップ!
 
 
 
 
 
 
 

上に戻る