産土神社リサーチOffice Tamanegi

並木良和さん:今何が起きているのか?夏至~8月末に向けてのワーク(1)

先日の並木良和さんのワークショップ@大阪に、ウェビナーで参加しました。 
参考になるお話があったので、簡単にシェアしていきたいと思います。 私の理解、私の言い方で書いている部分もありますので、ご理解くださいませー。
 
 
どんなお話もそうですが、鵜呑みにせずに、 ピンときたところ だけ、心に留めていただければと思います。
 
 

なぜこのタイミングで、世界中でウイルスの問題が起きたのか

◆ ウイルスの問題は、 人類の意識を変えるため に起きている。 誰かやどこかの国のせいにしていては、今まで通り、何も変わらないよー。 
 
 
◆ 国、人種、貧富の差、学歴に関係なく、ウイルスにはだれでも罹る(かかる)可能性がある。 お金持ちも、大統領も、社長も関係ない。世界の反対側に逃げてもウイルスはある。 ある意味こういった 逃れられない出来事を起こして 、全員で立ち止まって、 何が大切か、何を変えていけばいいのかを考えるチャンス が来ている。
 
 
◆ 人類の集合意識が「 おかしな部分 を変えていこうよ。」と提案してきている。
 
 

地震・戦争のウワサへの反応を変える

最近、大地震が来るとか、戦争が起こるというウワサがあったようです。 
 
 
並木さん的には、あんまり心配し過ぎてそこに意識を集中すると、パンデミックの時のように現実化してしまうので、みんなで 考え方を変えた方がいい とのこと。 
 
 
人間が「決して寝返りを打たずに寝なさい」って言われてもできないように、大地もどうしたって動いてしまう。 でも、今の動きは、大地震が来るというより、 少しずつ動きながら、地固め をしているように見えるそうです。 
 
 
先月も震度4ほどの地震が各地で起こりましたが、大きな地震を起こさないように、分散して小さく動かしてくれているようです(誰が?笑)
 
 
大事なのは、私たちが 「地球と共生していこう」 「選択」 すること。 そして、小さめの地震が起きた時に「 大地が今、 地固め してくれていて、 こうやって私たちは守られてるのねー 」と捉えること。  そう捉える人を一人でも増やしましょう。
 
 
「不安」 のエネルギーを出さずに ( 出しっぱなしにせず、処理して)「安心」 のエネルギーを出している人を一人でも増やす。 こうして 地球と共生している私たち をみんなで「創り出していく」のが大切なのです。
 
 
戦争に関しても「不安」を選ばずに、「今は、いろいろ世界がモメてるけど、きっと こうして調整されて、良くなっていくんだわ。 」「少なくとも私は、 そっちを選ぶわ。 」と捉える意識が大切だそうです。
 
 
そして、不安や恐怖が出てくるのは当然なので、その気持ちを否定しないであげて、コツコツ 統合(またはクリアリング) していくこと。( モヤモヤをカラダの外にポーンと出して(捨てて、あるいは宇宙へお返しして)いくこと。詳しくは並木さんのご著書をどうぞ。) それを 淡々と、コツコツ繰り返します。 (←これが幸せのコツ)
 
 

「後ろに下がる」=スクリーンから離れる

並木さん仕込みで最近の私がやっているのは、怖いニュースを見聞きした時に、 「後ろに下がって」 と自分に言うことです。 何かを聞いて、感情が大きく揺れる時は、映画館の最前列で スクリーンに頭を突っ込んで見ている状態 になります。 
 
 
「スクリーンに頭を突っ込んでいる状態」というのは、 映画やドラマに感情移入し過ぎて、それが「映画」ではなく、まるで今、自分に起こっているかのように錯覚してしまうことです。 
 
 
感情が激しく動いてしまうので、その位置にいては、 冷静な判断もできず、何も改善されません。  感情の処理をしてみても、効果が出ない位置なので、コスパが低いのです(変な言い方ですが)。
 
 
でも、ついつい前のめりになってしまう自分に「後ろに下がって」と言ってあげると 「ハっ」と我に返る ことができます。  その位置 統合(クリアリング) すると、統合の効果が高まり(コスパ大)、とても冷静になれるのです。
 
 

「周りのせい」をやめていく

私もよくやっちゃう考え方。 それは 「~~のせい」 。 これ、やってると 責任を持たずに済んでラク (なように思う)なので、ついついやっちゃうんですよね。  国のせい、ウイルスのせい、親のせい、パートナーのせい、こどものせい、上司のせい・・・ あぁ、延々とできますね(笑)。
 
 
ところがこれをやっている限り、一瞬気持ちが晴れる程度で、 悪化こそするけれど改善されない んですよね。 「私には現実を変える力がないんです。」 と言っているようなもの。並木さんは今回、とくに これをやめていくこと を提案していました。 
 
 
一般の方にはまだまだ受け入れられない話ですが、 「自分の考えが現実を起こす」「自分の意識が、スクリーンに映し出される」 という理論からいくと、何か不都合なことが起こった時に、ネガティブになる必要はなく、 「 なるほど、私がこうさせているのね。」 と気づいて 「そっか♪ じゃ、このフィルター(意識・考え方)を手放そうっと♪ 」 と、軽やかに 統合 (クリアリング・体の外にポーンと出してしまう)すればいいだけ。
 
 
「~~のせい」をやめて 「自分が起こしているのかも~?」 というところに立ち、出てくる感情を ポーン、ポーンと統合 していくだけで、 スクリーンに映し出されるもの が、不思議なことに 変わり始めます。  ほんとに。 そうしてあなたは 「パワー」を取り戻す ことができるのです。 
 
 
 
 
長くなってしまいましたので、次回は「夏至」に向けてのワークをご紹介いたします。どうぞお楽しみに。

 
 

並木良和さん:今何が起きているのか?夏至~8月末に向けてのワーク(2)


 
 

▼あなたを守る神社を
生年月日からお調べする
「産土神社リサーチ」は
Office Tamanegi(オフィスたまねぎ)へ

▼ お客様の声

 
 

上に戻る