産土神社リサーチOffice Tamanegi

並木良和さん:今何が起きているのか?夏至~8月末に向けてのワーク(2)

並木良和さん:今何が起きているのか?夏至~8月末に向けてのワーク(1)

今年の夏至(6/21)は、新月と重なっていて、部分日食も見られるようで、とてもパワフルです。 とくに夏至を挟んだ前後3日間(6/20~22)はエネルギーがたくさん降りてくるので、これを使わない手はないとのこと。
今回は、夏至前から8月末に向けての実際のワークを少しご紹介いたします。
 
 

夏至前に、「やりたいこと」と「やりたくないこと」を明確にする

やりたいこと
 
私はこれから
・どういう人達と
・どんな風に関わって(プライベート、仕事等)
・どういう生活をしたいのか。
 
 
やりたくないこと
・絶対やりたくないことは何か
・関わりたくない人はどういう人か
 
 
後者の「やりたくないこと」を明確にしておくことがポイント。 
ここが抜け落ちやすいので、一旦意識しておくと、より望む流れが来やすくなるそうです。
どちらも、できる範囲で 具体的な方向性 を決めておきましょう。(今から8月末まで)
 
 

シャワーのワーク

並木さんはよく 「透明なクリスタルになった自分をイメージする」 と仰いますが、実際に、これをイメージしただけで、かなり自分がクリアになるのがわかります。
 
 
今日からでも、クリスタルになりきって、一日を過ごしましょう。
自分で主導権を持って、 「今の私に必要な光を降ろす」 と決めると、その光が勝手に降りてきますので、シャワーのようにジャンジャン浴びながら歩いたり、洗い物をしたり、仕事をしたりします。 
 
 
その光が自分の身体の中も外も洗い流していく様子をイメージします。 
ネガティブな気持ちが湧いてきた時も、このシャワーを浴びればいいのです。 すると、少しスッキリするのがわかると思います。 寝ている時も、頭の上から光が降りてきて、足先へ流れていくイメージをします。 色のイメージは、その時々で違っていても構いません。 
 
 
これを続けていくと、細胞レベルにこびりついているような ネガティブな周波数 も洗い流せます。  真っ黒だった自分が、光のシャワーを浴びることで、クリスタルのような透明で、きれいな身体になっていくのです。 もう、ひと昔前みたいに、難しいワークをしたり、いろいろこねくり回して考えたりしなくていい時代になったんですね。
 
 
こうして、光の保有率を高めると、新しい時代の波に乗りやすくなり、目の前の現実が、いい方へ変わりやすくなります。 ( またイヤなことが起きたら、統合したり、シャワーを浴びたりします。コツコツと繰り返すと開運できます。)
 
 

夏至の前後3日間は集中的に!(夏至以降もどうぞ)

今年の春分の光はとてもパワフル(波動が高い)でしたが、この夏至もよりパワフルになってきます。 ということは、「そうじ力」も高まるということですので、夏至当日はもちろん、その前後1日ずつ(6/20~22)は、とくに集中的にこのシャワーのワークを行いましょう。 
 
 
(もちろん、夏至以降も、ずっとやり続けると、とてもスッキリしますよ。 そのモヤモヤは、いつまでも持っておく必要ないんです。 家のゴミだって、週に何回か出しますよね。)
 
 
一日中、意識を集中し続ける必要はなく、一度しっかり行って、あとは時々思い出しては「今、光のシャワーを浴びて、浄化されている」と思い込めばOKです。 ゆったりとした気分で、力を抜くことで、スルリと波に乗って行けますよ。簡単ですので、ぜひやってみてくださいね。 私は産土神社でやってみようと思っています。
 
 
そして今月末は、半年に一度の「夏越の大祓」が神社で行われます。 これは、災いを防ぐために行われているもの。 今年ほど、この機会の大切さを感じたことはありません。 国全体を祓い清めてもらうために、皆様もお出かけくださいませ。
詳しくはこちらをどうぞ。
 

4)「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」とは ~全体の流れについて~


 
 
▼あなたを守る神社を
生年月日からお調べする
「産土神社リサーチ」鑑定は
Office Tamanegi(オフィスたまねぎ)へ

▼ お客様の声

 
 

上に戻る