産土神社リサーチOffice Tamanegi

実は、日本にはお金があるそうな。

国が国民一人あたり10万円を配ったり、いろいろな救済措置を取ろうとしています。 「そんなに配ってたら、お金が無くなっちゃうんじゃない?? どこからお金が出るんだろう?」と心配になりませんか? 実はお金はもっともっと出せる そうですよー。
 
 
私たちは、政治家やマスコミから、「日本は国民一人あたり800万円もの借金がある」「だから増税しなければならない」と聞いてきました。 
 
 
私もそれを鵜呑みにしていた一人ですが、実は借金はあるけれども、「資産」があるので、プラスマイナスで考えると、全く問題がないレベルで、むしろ「健全」な財政状態であると、IMFからも評価されているのです。 数か月前まで知りませんでした。
 
 
詳しくは、元財務省官僚の天才・髙橋洋一さんのお話をお聞きください。びっくりです。
 

 
 
髙橋先生は、関西で放送されている朝日放送テレビ「正義のミカタ」という番組でもこの借金のウソをよく取り上げてらっしゃいますので、大阪では知っている人も多いかと思います。 ※ 他にも「上念司」さんで検索すると出てきます。
 
 
一方、ほとんどのテレビ番組ではこれとは逆のお話を放送しています。 それは、〇〇省が、有名なコメンテーターを集めて、レクチャーするため、それを鵜呑みにしたコメンテーターが検証しないで、聞いたままを話しているからだそうです(高橋先生談)
 
 
私たちは髙橋先生の良心のおかげで、本当のお話が聞けたわけですが、テレビ報道には注意しないといけないなぁと思いました(というか、最近は見ないようにしています)。
 
 
友人からオススメされて、この春から私が見ている番組は
 ●「虎ノ門ニュース」
 ●「ニュース女子」
 ●「文化人放送局」内の「怒っていいとも」「怒れるスリーメン」などです。 
 
 
政治家もよく見ているそうで、たしかに勉強になります。
ここで、おじさま達がたくさんの意見を出し合い(時には怒り)、一生懸命議論・提案してきたことが実際に政治に反映されて、給付金も10万円にアップしました。
 
 
もちろんこの中でも色んな意見が分かれていますが、テレビでは放送されない裏の情報がたくさん出てきますので、「参考の一つ」として勉強させていただいています。
 
 
最近では、よくわからないニュースが出てきたら、とりあえず「文化人放送局」の中で「髙橋洋一」で検索してみると、たいてい髙橋先生が冷静にわかりやすく解説してくれています。 政治家もよく先生の所に相談に行くそうです。
 
 
 
 
最後に、何よりも大切なのは、この時期、「不安に引っ張られないこと」です。 世界中が今、大打撃を受けていますが、日本の場合は、お先真っ暗ではなく、このピンチをチャンスに変えて、いろいろと改善できる方法があるということです。 今、たくさんの方がいい方向へ修正してくださっていますので、希望を持って生きていきましょうね!
 
 
 
 
▼あなたを守る神社を
生年月日からお調べする
「産土神社リサーチ」鑑定は
Office Tamanegi(オフィスたまねぎ)へ

▼ お客様の声

 
 

上に戻る