産土神社リサーチOffice Tamanegi

何かと調子が狂っちゃう「土用」。私の体験あれこれ。

ただいま「 土用 」の真っただ中 です。
「土用」はエネルギーが不安定なので、お天気もそうですが、みんながイライラしたり、機械系のトラブルが起きたり、予定が狂ったり、思い通りにいかないことがよくあります。昨日の私もそうでした。
 

予想外の長蛇の列にイライラ

 
まず、法事で帰省するため、ATMに出かけました。 いつもそれほど混まないATMに長い列ができています。 「 あらま!イヤな予感。 でも、土用対策で早めに出たし、大丈夫、間に合う、間に合う。」 と思っていましたが、2つしかないATMの右側を、おじさまが長時間占領しています。 もはやATMは一つしかないに等しく、左側だけ何人も何人も人が入れ替わって動いていました。 
 
 
私の一人前まできて、やっとおじさまの使用が終わったのですが、後ろの列には全く気付かず、ゆっくりゆっくり片付けていました。 まだ振込があるのかな、と思わせる素振りもあったのですが、結局何もなく(ないんか~い)、ゆっくり帰っていかれました。 鉄の心臓! みんなでイライラし、結局、わたしの出発も遅れてしまいました。 時間に余裕を持っていたのに、まだまだ甘かった。あぁ、土用ですね。
 

怒鳴るおばさま

 
次は、バスターミナルのトイレでのこと。 個室から出た瞬間、掃除の方が大声で怒鳴りました。「 こんなところにゴミ捨てて!」 見ると、床に大きなゴミが落ちています。 目が合いまして、あら?私が犯人?濡れ衣? と一瞬うろたえましたが、「 そんなところに捨てる人いるんですか? 困りますよね。」 とおばさまに同意して回避しました。 
 
 
ところがおばさまのイライラは収まりません。かなりキツイ言葉で犯人をののしっていました(犯人は逃亡後なんですが)。 大変なお仕事です。おつかれさまです。 でも、土用だと知らなかったら、私もちょっとムっとしていたかも。 土用だと知っていると、おばさまと自分の間に一線引けますので、ムダに傷つかずに済みますし、労いの言葉をかけてあげられました。こよみに感謝です。
 

交通機関がスムーズに行かない

 
乗りたい電車に乗れなかったことで、乗り換えがうまくいかなくなり、待ち時間がとても増えてしまいました。 でも、土用対策で本を持っていたので「読書タイム」と割り切って、イライラしたり焦らずに済みました。 大事な用事がある方は、10分どころか30分や1時間早めに出た方がいいと思います。 遠方への出張なら、前日入りにするとより安心です。 ( あ、そういえば、改札機にも引っかかりました。入った時と出た時。 回数券に印字されなかったようです。 不思議。 駅の窓口もめちゃくちゃ待たされました。)
 

イヤなことがあったら、次はイイことがある、ことにしておく

 
そんなわけで、イヤなことに出くわすかもしれない「土用」ですが、「イヤなことの次はイイことが起こる」ことにしておくと、いい気分です。実際、カルマを返せているからいい事が来るという説もあるくらいです。 「よっしゃ、次はいいこと来るね!」と切り替えておくとダメージを受けずに済みますよ。
 

土用を安心して過ごすには、常に「余裕の行動」を。

 
スケジュールを詰め詰めに入れる方は、土用中はそれはやめた方がよさそう。 たとえ自分の気持ちにゆとりがあっても、世の中全体が焦ってイライラしているからです。 何らかのしわ寄せが来る可能性が高いので、少し、いや、かなり余裕を持った方がいいでしょう。 
 

巻き込まれたら逆手にとり、リラックスタイムにしちゃう。

 
土用は「滋養」の時期でもありますから、身体や心を休ませてあげましょう。 予期せぬ待ち時間が出来たら、イライラせずに喜んで(だって、あなたは待ち時間が出来てしまうことを知っていたから♡)走り回らずにゆっくりお茶したリ、本を読んだりしてください。有意義に過ごせますし、カラダもよろこぶでしょう。
 
 
 
以上、「土用」の体験談と、過ごし方のコツをお届けしました。
土用の基本的なことは、以下のブログをご参考にどうぞ。

年に4度の「土用」期間を上手に過ごそう。

 
 
▼ ググっと開運できる
Office Tamanegi の産土神社リサーチ

▼ お客様の声

 
 

上に戻る